【香川名物】「名代灸まん」お灸のかたちのまんじゅう

2018年10月7日

私の故郷、香川県は讃岐うどんが有名ですが、地元民なら誰でも知っている。「灸まん」と云うお菓子があります。

灸まん

石段やは、元は1765年(明和2年)に「麻田屋久八」として金刀比羅宮参道の石段に軒を連ねた旅籠であった。天保年間に、江戸の小金井小次郎という侠客がこの旅籠に泊まり、麻田屋の女中衆に当時麻田屋の名物として知れ渡っていた「金毘羅灸」を据えるよう所望した。

 

小金井は非常に美男子だったため灸を据えるのに女中衆で取り合いになったという。結局灸を据えることになったある女中が特別柔らかい灸を据えたため、小金井は「こいつは甘めぇお灸だ」とは言ったものの、非常にこの灸が気に入ったらしく、以後「金毘羅灸」はますます評判を取ったという。

灸まん本舗石段や

「名代灸まん」が売られています。

ひよこ饅頭的な感じですねー

都内では、新橋にあるアンテナショップ

香川・愛媛せとうち旬菜館

でも買うことが出来ます。

灸まんはお菓子なので、ツボに据えても効果はありません。
そもそも火が着きませんよ!f^_^;

せんねん灸 セネファの森

お灸サークルひのとの会はお灸の素晴らしさを多くの方に広める為に、毎回少人数の講座を行いお灸のやり方を紹介しています。楽しみながら効果のあるお灸のお勉強が出来る会です。
お灸はもぐさをツボに乗せ肩こりや腰痛、不妊、逆子に効果のある療法です。東京で教室も開催しています。肩こりや不妊に効果のあるお灸のツボやお灸のやり方、お灸の効果の出る時間などを紹介します。